東急ホームズ 坪単価

完全無料!東急ホームズや各ハウスメーカーの費用総額や間取りプランがもらえます。↓クリック

家を建てるときに、こういった家がいい、という憧れをずっと持っている人というのは、その選択肢というのも、おのずとクリアになってきたりします。

 

 

たとえば、外国風の家がいい、という夢を、ずっともっていた方だと、選択肢として最初にあがってくるハウジングメーカーが、輸入住宅系のハウジングメーカーとなってくるのではないかなと思います。

 

 

こういった、輸入住宅系のハウジングメーカーというのは、価格、そして坪単価もなかなか高めというのが、定常となっています。どうしても、輸入住宅というのは、コストもかかりますし、建材なども独特のものを使っていたりするためです。そのため、他の一般的な住宅に比べても、基本的な坪単価が高くなってくるのです。

 

 

こういった輸入住宅を扱うハウジングメーカーの中でも、長い歴史を持つハウジングメーカーの一つであるのが、東急ホームズです。

 

 

東急ホームズは、大元をたどると、1973年、米国ワシントン州ミルクリークに遡るといいます。実際、東急ホームズの輸入住宅の歴史は、この街から始まったとされています。まさに本物の輸入住宅、外国の趣をそのままに、というタイプの輸入住宅となっています。

 

 

また、こういった坪単価というのは、最初の見積りで出てくる数字を基準とするか、実際にその後にかかってくる工事なども含めるかによって、だいぶ違いがあるという事も注意が必要です。

 

 

最初に出てくる単価が、50万程度だったとしても、実際に最終的に払った単価をみてみると、やはり、坪単価60〜70万円ぐらいとなる場合もあります。これは、最初の見積もりの単価というのは、本当に最低限度の施工内容によるもので、そのあとの外部の給排水・電気工事、さらにはオプションについての費用や、諸手続きにかかる費用などを含めてくるとさらにあがってくるためです。

 

 

そのため、東急ホームズにおいても、目安となる坪単価は60万円前後が、最低ラインとなってきますが、注文住宅の場合、予算として坪単価をみるのであれば、70万円台は見ておいたほうが安心だといえそうです。

続きを読む≫ 2014/12/05 11:27:05

家を建てるときには、資金繰りも大変です。予算を考えながらの、ハウジングメーカー選びとなります。家はかなり高い買い物になってきますので、慎重になってきます。さらには、予算との兼ね合いもありますので、ローンを使う人も多いはずです。

 

 

ただ、いつかマイホームを建てるのであれば外国風の家がいい、という夢を、ずっともっていた方だと、予算的には難しくても、希望として最初にあがってきてしまうハウジングメーカーが、輸入住宅系のハウジングメーカーとなってくるのではないかなと思います。

 

 

実際、こういった、輸入住宅系のハウジングメーカーというのは、価格も高いところが多く、東急ホームズもその例外ではありません。

 

 

こうなってくると、値引きというのは重要なポイントになってきます。

 

 

表示されている価格というのもありますが、そこからどれくらい実際に値引きしてもらえるかで、どのあたりのものまで、検討にいれていいかも違ってくるというものです。

 

 

ただ、こういった値引きについては、もちろん各ハウジングメーカーが提示しているわけではなく、各ネットの口コミなどで、色々な情報を集めていくことが必要になります。

 

こういった中で、東急ホームズについては、そこまで大幅な値下げを大々的に行っている、というような評判はあまり聞かれません。北米などの海外の住宅の外観や内装を実現した家となっていますので、こういった家を好みとしている方には、魅力が大きいと感じられるハウジングメーカーですが、価格としてみると、そこまで譲歩されるような営業スタイルではないといえそうです。

 

 

坪単価としてみると、たとえ標準住宅であったとしても、50万円は軽く超えるような価格帯です。ただ、どうしても東急ホームズで家を建てたいという希望があるのでしたら、最初から予算を伝えた上で、契約をする前の段階で、どれくらいの予算が可能か、というのを聞き出しておく、というのも、有効は手法といえるでしょう。

続きを読む≫ 2014/12/05 11:26:05

家を建てるときに、外国風の家がいい、という夢を、ずっともっていた方だと、選択肢として最初にあがってくるハウジングメーカーのひとつが、輸入住宅系のハウジングメーカー、東急ホームズとなってくるのではないかなと思います。

 

 

東急ホームズは、日本にある輸入住宅を扱うハウジングメーカーの中でも、長い歴史を持つハウジングメーカーの一つです。

 

 

この東急ホームズにおいて、定番となっている商品シリーズとしてあげられるのが、ミルクリークシリーズです。ミルクリークシリーズは、さまざまなタイプ、仕様、外見をもった、多彩な輸入住宅を提供しています。

 

 

たとえば、急勾配の切妻屋根を重ね合わせた象徴的な大屋根をもつニューイングランド様式や、シンプルで美しいフォルムのスパニッシュ・コロニアル様式といった、バリエーションも人気の理由となっています。古木を思わせるよろい戸や窓台、玄関ドアといった詳細までのこだわりも人気ですし、これ以外にも、好みに合ったものが見つかる多彩なバリエーションです。

 

 

ミルクリークのコンセプトとしても知られていて、評判のよいものが、「オープンプランニング」となっています。この「オープンプランニング」というのは、家族のコミュニケーションを大事にしたいというコンセプトから、エントランスからリビング、ダイニング、キッチンといった住まいで人が集う空間を、一つの空間として設計するものです。

 

 

このように、間仕切りを設けないで、ひとつの空間として作り上げるやりかたは、今では日本でも人気が出ているつくりになっていますが、実は北米の設計技法となっており、東急ホームズはこれを取り入れているのです。

 

 

この「オープンプランニング」のもつダイナミックさも人気の理由ですが、そういったいわゆる外国的な空間演出だけではなく、生活における暮らしやすさや、豊かさといったものにもつながっており、ミルクリークの評判の良さを示すものとなっています。

 

 

関連リンク:積水ハウスの評判はこっちです⇒積水ハウス 評判

続きを読む≫ 2014/12/05 11:23:05

マイホームを建てるにあたって、やはり口コミというのも気になってきます。ただ、こだわりの強い方にとっては、一般的な口コミよりも、そのこだわりをかなえるハウジングメーカーが、ベストという事も言えるでしょう。たとえば、外国風の家がいい、と思っている方にとっては、人気の高いといえるハウジングメーカーのひとつといえるのが、東急ホームズです。

 

 

 

家を建てるときに、こういった家がいい、という憧れをずっと持っている人というのは、その選択肢というのも、おのずとクリアになってきたりします。たとえば、外国風の家がいい、という夢を、ずっともっていた方だと、選択肢として最初にあがってくるハウジングメーカーが、輸入住宅系のハウジングメーカーとなってくるのではないかなと思います。その中でも、東急ホームズは、973年、米国ワシントン州ミルクリークに起源をもつ輸入住宅メーカーです。

 

 

この東急ホームズにも、ハウジングメーカーのホームページはありますが、そこに載っているものだけだと、やはり実感値がないものになってきたりしますので、こういった中で気になってくるのが、やはり口コミではないかな、と思います。

 

 

実際に建てたりモデルハウスを見た方の感想などを見ても、北米などの海外の住宅の外観や雰囲気を十分に満喫できる家となっていて、こういった家を好みとしている方には、魅力が大きいと感じられるハウジングメーカーのようです。

 

 

海外から輸入した建具を使っていたり、扉などが普通の日本のものとは一味違っていたりします。こういったディテールにおいても、家全体の雰囲気においても、も確かに日本でよくみるような製品とは違う、という事を一目で感じることができます。

 

 

ただ、単価としてはそこまでお手軽ではなく、坪単価としてみると、60万円は軽く超えるような価格も多くみられますが、口コミをみている印象だと、高くてもこだわりがかなって満足している、というような方が多いようです。

続きを読む≫ 2014/12/05 11:21:05

大震災のあとはとくに、耐震性というものに注目が集まるようになりました。公共の施設などもそうですが、自分の大切なマイホームづくりにおいて、耐震性能というところも、大きなポイントになってきました。

 

 

こういったなか、地震が来ても倒壊しないような、安全な住宅だといえるかどうか、といった目安となる基準があります。これが、「耐震等級」と呼ばれるものです。

 

 

耐震等級1とか、3とかいうものを見たことがある人もいるかもしれません。このように、耐震等級は、耐震等級1〜3に分けられていて、耐震等級3が最高等級となっています。つまり、耐震等級3が一番地震に強いということがいえます。

 

 

一般的に耐震等級の目安とされている基準として、耐震等級1というのが、 建築基準法(法律)と同程度の建物についての目安となっています。そして、耐震等級2は、耐震等級1よりもさらに強く耐震性があるり、耐震等級3は耐震等級2よりさらに地震に耐えられる、ということが基準となっています。

 

 

東急ホームズは、大元をたどると、1973年、米国ワシントン州ミルクリークに起源があり、実際、東急ホームズの輸入住宅の歴史はここから始まったと言われています。輸入住宅を提供する有名なハウジングメーカーのひとつです。

 

 

この東急ホームズにおいても、耐震性についてはこだわっており、地震の多発する日本において、耐震性は安心して生活するための指針として、商品設計に取り入れています。ただし、耐震等級については、明記されているものは、あまり見受けられないようです。

 

 

ただし、耐震強度がないというわけではなく、たとえば、ミルクリークでは建材に高品質・高精度な規格材を使用し、構造には耐震性に優れたツーバイフォー工法を採用していると記載があります。

 

 

また厚い構造用合板の使用と密度の高い構造材のレイアウトや、耐震・耐風性を発揮する接合金物を使用することにより、耐久性がある住宅ということはいえそうです。

続きを読む≫ 2014/12/05 11:19:05